住宅用太陽光発電システム

住宅用太陽光発電(ソーラー発電)システムの設置工事・電気工事

設置工事は、研修を受講した技術者が行います。
新築での導入や雨天などを除き、1日から2日間*で設置工事は完了します。

*システムの規模や設置条件により異なります。

STEP1.架台の取り付け

架台の取り付け

垂木(タルキ)位置に正しく取り付けるために、目印をつけたあと、太陽電池モジュールを取り付けるための金具やラックシステムを設置します。

STEP2.太陽電池モジュールの取り付けと配線

太陽電池モジュールの取り付けと配線

太陽電池モジュールを1枚ずつ配線をつなぎながらラックシステムに設置します。

STEP3.周辺機器の取り付け(電気工事)

周辺機器の取り付け(電気工事)

周辺機器のエコノナコード(接続ユニット・昇圧ユニット)、パワーコンディショナ、ソーラー発電モニタ「エコノナビットii」などを取り付け、分電盤などと接続します。

※電気工事を行う際には停電して工事を行います。
※「エコノナコード 昇圧ユニット」は、システム構成によって必要です。
 ソーラー発電モニタ「エコノナビットii」はオプションです。

STEP4.完成検査

完成検査

電気測定などを行い、太陽光発電システムが正しく機能するかを検査します。

STEP5.工事完了

工事完了

最後に、片付け・清掃を行い、設置工事・電気工事の終了です。

製造元・総販売元:京セラ株式会社

詳細を見る
(京セラの太陽光発電~わが家電力~サイトへ)

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求