ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2014年01月27日

小型・軽量・可搬型のケーブルテレビ応急復旧無線システム
「ワイヤレスリンク23G」を提供開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)は、災害時に地域住民への速やかな情報伝達を可能とする小型・軽量で可搬型のケーブルテレビ応急復旧無線システム「ワイヤレスリンク23G」を2014年2月1日から提供開始します。

東日本大震災では、情報通信網および放送網も広範囲に被災し、地域住民への情報提供手段の1つであるケーブルテレビにおいては、津波により幹線伝送路の多数の箇所が切断され、復旧までに1ヶ月以上要した所もありました。このため地域住民が必要とするテレビ放送などの情報源であるケーブルテレビが長期間にわたり提供できないという事態が発生し、大規模災害に備えたネットワークの強靭化、被災した場合でも速やかに復旧できる設備が求められています。

KCCSは、総務省 情報通信ネットワークにおける耐災害性強化のための研究開発である「災害時におけるケーブルテレビ応急復旧システム(幹線応急復旧用無線伝送装置)の研究開発」を受託し、ケーブルテレビの幹線伝送路設備を応急復旧するための無線伝送装置の研究開発に取り組んで参りました(2011年度~2012年度)。2013年2月に実施した宮城県気仙沼市での実証実験でその有効性を確認し、この度、ケーブルテレビ応急復旧無線システム「ワイヤレスリンク23G」として商用提供を開始します。

本システムにより、災害時にケーブルテレビが早期に復旧し、地域住民にとって身近な情報源であるテレビ放送やコミュニティチャンネルを通じて、災害復旧に必要不可欠な、きめ細やかな情報を速やかに提供することが可能になります。

■「ワイヤレスリンク23G」の主な特長

(1)省電力設計に加え、小型・軽量で可搬性に優れている
※装置とアンテナを収納できるワンボックスケースを用意

(2)有線テレビジョン放送事業者に割り当てられている23GHz帯の周波数を用いて、陸上移動局として最大39チャンネルのデジタル放送信号の無線伝送が可能
※固定局として使用する場合は62チャンネルまで対応

(3)伝送品質を維持しながら3km程度まで伝送可能
伝送距離に応じて2種類のパラボラアンテナ(0.3m径、0.6m径)を用意

(4)AC100V(発電機などを想定)とDC12V(車載バッテリーを想定)の2種類の電源供給に対応

(5)同軸ケーブル網および光ファイバ網、どちらの幹線にも接続可能

(6)「成端接続箱」を外部に設けたことにより、無線装置本体を開いての光ファイバ接続作業が不要
※無線装置と光ファイバをワンタッチ接続

(7)本体後部のレベルインジケータ(LED)を確認しながら、無線リンクの方向調整が可能(測定器は不要)

■概要

名称 ケーブルテレビ応急復旧無線システム「ワイヤレスリンク23G」
提供開始日 2014年2月1日
販売目標 3年間で100セット
詳細情報 URL:http://www.kccs.co.jp/eng/wireless-catv/index.html

■「ワイヤレスリンク23G」

「ワイヤレスリンク23G」

■「ワイヤレスリンク23G」の構成

「ワイヤレスリンク23G」の構成  

pdf
【ご参考】「ワイヤレスリンク23G」のスペック 

*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ