ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2014年08月25日

京セラコミュニケーションシステムが提供する「デクワス.DSP」が、
Rubicon ProjectでのPC向け広告配信を開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)は、広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」において、The Rubicon Project, Inc.(本社:米国カリフォルニア州 Frank Addante, CEO、以下Rubicon Project)が提供するプラットフォームへのPC向け広告配信を2014年8月25日から開始します。

「デクワス.DSP」は、サイト訪問者のコンバージョンを促進する「パーソナライズリターゲティング」、リピートを促しロイヤルカスタマを醸成する「ロイヤルティターゲティング」、購入確度が高い新規顧客を集客する「ロイヤルティターゲティング拡張」、ブランドや商品の認知、新規ユーザの効率的な集客が可能にする「プロファイルターゲティング」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信を可能とする広告配信プラットフォーム(DSP)です。

今回、広告主様の売上最大化を支援する「デクワス.DSP」はRubicon Projectが保有するプレミアムな広告枠への配信を通じて、広告主様にとって優良な顧客層への認知促進や購入の訴求効果向上に貢献します。この接続により、「デクワス.DSP」はすでに接続済みのSSP*1、Ad Exchange*2を含め、合計で月間約1,200億インプレッション*3を超える広告枠の買い付けが可能となります。

KCCSは今後も広告主様のROI最大化に向けて、各社SSP、Ad Exchangeとの連携に取り組んで参ります。

▼広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」についての情報はこちら
URL:http://www.kccs.co.jp/ict/digital_marketing-deqwas_dsp/index.html

*1 SSP(Supply Side Platform)とは、複数の広告を一元管理し、広告掲載媒体の広告供給と収益を最適化するプラットフォームのこと。

*2 Ad Exchangeとは、ネット広告のうち、特定の広告枠における掲載回数を入札方式によって売買する方式。

*3 PCおよびスマートフォン向けのインプレッション数を合計したもの。

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。

*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ