ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2014年10月01日

KCMEが、マレーシアのPROPEL NETWORK SDN. BHD.を子会社化

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)の子会社であるKCCSモバイルエンジニアリング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 角 秀男、以下KCME)は、マレーシアで通信エンジニアリング事業を展開するPROPEL NETWORK SDN. BHD.(本社:マレーシア 取締役社長 Leong Wai Ming、以下プロペルネットワーク)に増資し、子会社化することを発表いたします。

KCMEは、国内にて移動体無線基地局のオプティマイズ(通信ネットワークの最適化)から施工・運用・保守を行う通信エンジニアリング事業を展開しておりますが、東南アジア市場進出の足掛かりとして、2012年にプロペルネットワークの株式30%を取得しました。

現在、マレーシアおよび東南アジアでは、多くの通信事業者がLTEへの移行を計画しており、システム移行のためのインフラ構築や、データトラフィック増加対策に向けた設備投資が見込まれています。

このような背景を受け、KCMEはマレーシアおよび東南アジアでのオプティマイズを含めた通信エンジニアリング事業の本格展開を図るため、10月1日付にてプロペルネットワークの株式を80%まで取得し、子会社化いたしました。

今後KCCSグループでは、プロペルネットワークを通じて、アジア地域のモバイル・ワイヤレスネットワークのインフラ構築に貢献して参ります。

社名 PROPEL NETWORK SDN. BHD.
所在地 84-1 & 84-2, Jalan Sungai Burung AA32 / AA,
Bukit Rimau, Seksyen 32, 40460 Shah Alam,
Selangor Darul Ehsan, Malaysia
設立 2009年
資本金 625,000リンギット
株主構成 KCCSモバイルエンジニアリング株式会社 80%
Mr.Leong Wai Ming 20%
役員体制 取締役会長(非常勤) 弘田 増巳
取締役社長      Leong Wai Ming
取締役        磯脇 大輔
取締役(非常勤)   冨水 祐興
事業内容 通信エンジニアリング事業


*会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ