ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2014年10月14日

京セラコミュニケーションシステムが、
X Plus One Solutions, Inc.とマーケティングオートメーション
サービス提供に向け業務提携

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 佐々木 節夫、以下KCCS)は、X Plus One Solutions, Inc.(本社:ニューヨーク州ニューヨーク CEO & Chairman John Nardone、以下[x+1])とデジタルマーケティング分野でのDMP事業共同展開に向け、日本および東南アジアにおける戦略的パートナーとして業務提携したことを発表いたします。

今回の業務提携は両社が数か月間に渡り協力関係を築き上げた結果であり、KCCSは日本および東南アジア地域において、企業の統合的なデジタルマーケティング活動を支援するマーケティングオートメーションサービスの提供を目指します。

昨今、実店舗やWebサイト、ソーシャルメディア、メールなど顧客と企業との接点が多岐にわたっており、それによりCRMデータやWebサイトのアクセスデータなど、企業が持つデータも多様化しています。このような中、それぞれ個別に管理されていたデータを統合的に管理・分析し、多様化したチャネルをシームレスかつリアルタイムに活用することで、顧客一人ひとりに最適化されたメッセージ配信を行うマーケティングオートメーションツールへのニーズが高まっています。

[x+1]が提供する[x+1] Origin DMPは、潜在顧客や既存顧客に向けたクロスチャネルでの最適なメッセージ配信から配信効果の評価まで、統合的に管理・分析ができる環境を提供します。
一方、KCCSはネット広告のROI最大化に貢献する広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」を提供しています。

今回の業務提携に関して、[x+1]のCEO & ChairmanであるJohn Nardoneは「日本および東南アジア市場に向け、我々のOrigin DMPソリューションをKCCSとともに展開できることを光栄に思います」とコメントしています。今後KCCSは「デクワス.DSP」の提供に留まらず、[x+1] Origin DMPを含む[x+1] Originプラットフォームを活用したマーケティングオートメーションサービスの提供を行うことにより、デジタルマーケティング分野でのさらなるサービス拡大に努めて参ります。

<X Plus One Solutions, Inc.について>
X Plus One Solutions, Inc.([x+1])は米国に本社を持つ、プログラマティックマーケティングおよびデータマネジメントソリューションのリーディングプロバイダです。2014年9月にはRocket Fuelに買収されました。
[x+1] Originプラットフォームは、マーケティング活動のハブとして企業が保有するチャネルを連携させ、ユーザに最適なメッセージ配信を行うことで、企業のブランド価値最大化を支援します。Forrester Research*1にDMP技術とDSP技術の両分野で"リーダー"と格付けされた唯一のマーケティングプラットフォームであり、米国の主要7金融機関ほかで利用されています。

<京セラコミュニケーションシステム株式会社について>
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、1995年9月に設立以来、ICT関連事業や通信インフラの構築事業、環境・エネルギーエンジニアリング関連事業を展開。デジタルマーケティングの分野には2011年に参入。ICT関連事業で培った技術・ノウハウをベースに、広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」を提供しています。ロイヤルカスタマ育成に必要となる新規顧客集客からコンバージョン促進まで、各種ターゲティングメニューをPC/スマートフォン向けに提供し、従来のリターゲティングではリーチできなかった、広告主様サイトとの親和性が高い潜在顧客に広告を配信し優良顧客の拡大に貢献します。

詳細は、URL:http://www.kccs.co.jp/をご覧ください。

*1 Forrester Researchは技術や市場の調査を得意とする米国の独立系アナリスト・ファームです。

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ