ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2018年04月24日

コンテンツマッチングサービス「とりもち」を提供開始
~ユーザログを使わずサイト運営者の負荷軽減、サイト内回遊率の向上を支援~

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、クラウド型のコンテンツマッチングサービス「とりもち」(URL:https://www.torimochi.jp)を2018年4月24日より提供開始します。

Webサイト閲覧者への関連コンテンツ(おすすめ記事)配信は、タグやカテゴリを手動設定するものや、ユーザログから行動履歴を解析しコンテンツを自動表示するサービスが主流です。

「とりもち」は、Webサイトでユーザが閲覧している記事や商品などのコンテンツと、サイト運営者が保有するWebサイトコンテンツを独自のテキスト解析技術により紐付け、類似性の高いコンテンツを自動配信(表示)するクラウド型のサービスで、SNSにも対応しています。サイト内のコンテンツに含まれるキーワードをもとに間接的につながりがあるキーワードまでも自動計算して配信するため、ユーザの興味・関心に合った情報を自然な形で提供できます。

WebサイトやSNSを立ち上げ、コンテンツマーケティングに取り組む企業・EC事業者様の運営負荷軽減やコンテンツの有効活用、サイト内回遊率の向上に貢献します。

■「とりもち」の特長

(1)ログ不要
ユーザログを使わず独自のテキスト解析技術によりコンテンツの類似度を自動判定します。そのためCookieの利用を制限する機能(ITP:Intelligent Tracking Prevention)の影響を受けません。

(2)運用負荷大幅軽減
一般的なテキスト解析に必要な辞書作成(言葉の定義づけ)、コンテンツに対するタグ・カテゴリの設定が不要なため、サイト運営における運用負荷・コストを大幅に軽減します。

(3)複数サイト、SNS、企業内コンテンツに対応
・記事を提供するWebマガジンと商品を提供するECサイトなど運営者の指定するサイト同士を自動的に関連付けコンテンツを配信できます。またLINEやFacebookメッセンジャーなどSNSにもコンテンツを自動配信できます。
・応用機能として営業提案資料やヘルプデスクのQ&A資料など、社内ネットワーク上の企業内コンテンツ検索での活用も可能です。

本サービスは2017年からプレサービスとして提供しており、50を超えるサイトに導入されています。

■サービス概要

名称 コンテンツマッチングサービス「とりもち」
提供開始日 2018年4月24日
価格(税抜) ¥70,000~
販売目標 年間100サイトへの導入
詳細情報 URL:https://www.torimochi.jp

■導入事例

・『Web Leaf(ウェブリーフ)』/株式会社リーフ・パブリケーションズ
URL:https://www.leafkyoto.net/

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社が運営するWebマガジンにおいて、サイト内の関連記事を自動配信しています。また公式LINE@アカウント(ID:@leafkyoto)にチャットボット機能も導入し、京都・滋賀の街ネタをコンシェルジュのように情報提供しています。

導入効果:
・サイト内の相互リンクを最適化し、1セッションあたりのPV数が増大
・LINE@でチャットボットを導入後、ユーザが2,000人増加
・コンテンツの関連付けを自動化

・『レッツエンジョイ東京』/株式会社ぐるなび・東京地下鉄株式会社
URL:http://www.enjoytokyo.jp/phones/

東京のおでかけ・イベント情報サイト『レッツエンジョイ東京』では、デートやソロ活(一人のおでかけ)など、シチュエーション別に制作している記事において、関連度の高い記事を解析し、関連記事を自動配信しています。

導入効果:
・クリック率5%アップ
・コンテンツの関連付けを自動化

*製品の仕様、提供開始日は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ