トピックス

CSR

2014年03月04日

「京都マラソン2014」の給水ボランティアに参加(社会貢献活動)

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)グループは、2014年2月16日(日曜日)、「京都マラソン2014」の給水ボランティアに参加しました。

第3回大会となった「京都マラソン2014」では、約1万5千人のランナーが京都の観光名所を巡るコースを駆け抜け、多くのボランティアが大会をサポートしました。KCCSは京都に本社を置く企業として、地域の一大イベントである京都マラソンのお手伝いをしたいと考え、2012年の第1回大会からボランティアに参加しています。今回は合計28名の社員が給水ボランティアを行いました。

今大会では「DO YOU KYOTO?」(「環境にいいことしていますか?」を伝える合言葉)がメインコンセプトのひとつとして掲げられ、環境に配慮したさまざまな取り組みが行われました。そのため、ランナーへの給水活動ではペットボトルを使用せず、紙コップで水道水が配給されました。ボランティア参加者は、給水テーブルの設営や、水源ポイントからテーブルへの水道水の運搬と補充、ランナーへの給水、ゴミの回収などの活動を実施しながら、力いっぱいランナーへ声援を送り続けました。

参加した社員からは、「ランナーからの『ありがとう』という労いの言葉が心に響いた」「へとへとになっても完走を目指して必死に走るランナーの姿に勇気づけられた」などの感想が寄せられました。

KCCSグループは今後も社会貢献活動に積極的に取り組んで参ります。

KCCSのCSR活動について詳しく見る