トピックス

セミナーレポート

2014年03月12日

クラウド運用の勘所を事例を交えてご紹介!大阪・東京で「アマゾンクラウド本格活用セミナー」を開催

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2014年2月12日(水曜日)にグランフロント大阪(大阪府大阪市)、2月21日(金曜日)にKCCS東京支社で「アマゾンクラウド本格活用セミナー~クラウド運用の勘所を最新事例を交えてご紹介~」を開催しました。

クラウドを第一の選択肢とする「クラウドファースト」を実践する企業が増える中、クラウドのメリットを最大限に享受できていない企業やクラウドを導入したものの運用負荷が増大するなど課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか?本セミナーでは、それらの課題を解決するクラウド活用の勘所を、事例を交えてご紹介しました。

プログラム1

クラウドファースト!企業が次々に採用するアマゾンクラウドとは?
アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
パートナーソリューションアーキテクト 
松本 大樹 氏

アマゾン ウェブ サービス(AWS)の基礎情報をご説明するとともに、昨年末に新たに追加されたサービスのアップデートや実際にご利用いただいているエンドユーザ様による活用事例の最新情報をご紹介しました。

プログラム2

サーバ運用管理者様必見!
クラウド時代における運用管理のススメ

京セラコミュニケーションシステム株式会社
【東京講演】
アウトソーシング営業部
エンタープライズサービス営業課 大田 篤志
【大阪講演】
西日本ソリューション営業部 ソリューション営業1課
副課長 田中 翼
※写真は東京講演の大田 篤志

企業におけるIT投資において、依然高い割合を占める運用管理コストの削減が大きな課題の1つになっています。クラウド時代の到来で、ITインフラの分散・多様化が進むにつれ、運用管理の最適化、効率化を行うことがこれまで以上に求められます。本セッションでは、KCCSが考える“クラウド時代の運用管理”のポイントをアマゾン ウェブ サービス(AWS)活用事例を交えてご紹介しました。

KCCSは、今後もさまざまなセミナーを開催していく予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ