トピックス

イベントレポート

2014年06月02日

災害対策・BCP アクセス フォーラム 2014に出展

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2014年5月28日(水曜日)~29日(木曜日)にかけて新宿NSビルで開催された「災害対策・BCP アクセス フォーラム 2014」(主催:事業継続対策コンソーシアム)に出展しました。

「災害対策・BCP アクセス フォーラム 2014」は、大規模災害における安心・安全の確保と事業継続に欠かせない通信多重化、無線通信の活用事例や、BCP対応の多様な製品に関する展示やセミナーが行われるイベントです。当日は、自治体・企業の防災・災害対応担当者の方々が来場しました。

KCCSは、災害時・非常時の安全安心をサポートする製品を紹介するBCPソリューションゾーンで、ケーブルテレビ応急復旧無線システム「ワイヤレスリンク23G」と「IP告知システム」を展示しました。

■ケーブルテレビ応急復旧無線システム「ワイヤレスリンク23G」

23GHz帯の周波数を利用し、災害時などに断線したケーブル伝送路を無線でつなぐシステムです。
本システムは、総務省の「情報通信ネットワークの耐災害性強化のための研究開発」(平成23年度一般会計補正予算(第3号))による委託を受けて実施した研究開発による成果となります。ブースでは小型・軽量・可搬型などの特長を実機を基にご紹介しました。

■「IP告知システム」

受話器付きタッチパネル端末を使用し、地域の情報を共有、人と人とのコミュニケーションを活性化するシステムです。
地方自治体からの行政(防災)情報の配信や住民への情報告知に活用できます。文字・画像によるお知らせ配信や、音声の一斉配信機能、IP電話機能などさまざまな機能を体感いただきました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
当社のワイヤレスソリューションについてご不明点などございましたら、KCCSカスタマーサポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ