トピックス

セミナーレポート

2014年12月18日

日経BP様、JR東日本様講演「M2M / IoT最新事例ご紹介セミナー」

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2014年12月3日(水曜日)、KCCS東京支社で「M2M / IoT最新事例ご紹介セミナー ~ビジネスおよび技術上の課題や疑問を解消!!~」を開催しました。

昨今、製造・流通・医療などさまざまな分野で、M2M / IoT活用への期待が益々高まっています。今回は、日経BP様をお招きし、最新事例を交えて、M2M / IoT市場を取り巻く潮流を分かりやすく解説いただき、続いてJR東日本様から具体的な導入事例をご紹介いただきました。

また、セミナー終了後に開催した情報交換会では、パートナー企業も交えて活発な意見交換が行われ、大盛況のうちに終了しました。

プログラム1

本格的IoT時代の幕開け
その全体像と先行事例に見る新たな可能性

株式会社 日経BP
日経BPイノベーションICT研究所
主任研究員 目次 康男 氏

“なぜ今IoTなのか?”をテーマに、昨今のIoTの潮流を技術的側面、社会的側面から解説いただきました。また、最新のIoTトピックスとして、iBeacon(Bluetooth Low Energyを使った位置特定技術)やウェアラブル端末を活用したサービス、農業クラウド、電力会社が導入を進めるスマートメーターなど、さまざまな分野における最新事例をご紹介いただきました。
プログラム後半では、ポジショニングマップを用いて情報を整理し、新たなIoT関連ビジネスを創出するための分析方法をご紹介いただきました。最後に、昨今のIoTの潮流は決して一過性のものではなく、近い将来、日本が抱えるさまざまな社会問題を解決する有効な手段として必然のものであると締めくくられました。

プログラム2

JR東日本グループにおける
WiMAXを用いたM2M事例のご紹介

東日本旅客鉄道株式会社
IT・Suica事業本部 企画部門
高島 昭治 氏

JR東日本グループにおけるワイヤレスM2M(WiMAX)導入事例をご紹介いただきました。新型車両や駅構内、線路・車両基地などでの具体的な活用事例を交え、導入のメリットや課題、今後の展開などをお話しいただきました。

情報交換会

セミナー終了後の情報交換会には約50名の方々にご参加いただき、当社パートナー企業の展示を囲んで活発な意見交換が行われました。

参加者からは「多くの方々と課題や解決策について、率直に意見交換ができ、とても良い機会になった」「ソリューションパートナーにも協力してもらいながら、M2M / IoTを活かした新たなビジネス価値を提案していきたい」などの感想をいただきました。

KCCSは今後もM2M / IoT市場の活性化および、皆様の新たなビジネスチャンスの発掘に貢献するための活動を推進して参ります。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ