トピックス

セミナーレポート

2015年02月23日

アマゾン様、インフォアジャパン様が講演「グローバル経営に役立つ原価管理セミナー」

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2015年2月18日(水曜日)に東京で「グローバル経営に役立つ原価管理セミナー~変化に強い製造業になるための鍵とは~」を開催しました。

今回、アマゾン データ サービス ジャパン様、インフォアジャパン様にご講演いただき、海外拠点も含めた正確な原価情報の収集とタイムリーに経営管理に活かすための原価管理システム構築のポイントや、今注目を集めるアマゾン ウェブ サービス(AWS)を用いたクラウドの導入についてご紹介しました。

プログラム1

グローバル経営に役立つ
原価管理システム構築のポイント

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ERP事業部 事業部長
谷口 直樹

経営環境の変化やグローバル化が進む中、制度会計上で用いる原価計算では『製造現場の実態把握』『スピーディな状況把握』といった面で経営判断に十分とは言えません。本セッションでは、経営管理に活かすための原価管理システムをどのように整備・運用していけばよいのか、また製品軸 / 組織軸といった多面的分析の必要性について事例も含めてご紹介しました。

プログラム2

原価管理を利益に結びつけるための5つの視点
~Infor SyteLineを活用した具体的実現方法~

インフォアジャパン株式会社
ビジネスコンサルティング本部
ビジネスコンサルティングマネージャー
金原 進雄 氏

Inforのソリューションは、製造業の原価管理を5つの視点で見直すことをお手伝いします。本セッションでは、その5つの視点がどのようにお客様の利益に結びつけることができるのかを解説し、その具体的な実現方法をご提案しました。

プログラム3

基幹系業務システムを支える
Amazon Web Services の技術と事例

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
エコシステムソリューション部
パートナーソリューションアーキテクト
井上 和英 氏

AWSがサービスを開始してから9年。基幹系業務システム領域においてもAWSは着実に実績を残し、業務システムの選択肢としてAWSは確固たる地位を築いてきました。本セッションではこのような背景を踏まえ “AWS上で基幹系システムを動かすための基本的な技術やセキュリティ” および “基幹系業務システムの稼働事例” についてご紹介しました。

KCCSは、今後もさまざまなセミナーを開催していく予定です。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ