トピックス

セミナーレポート

2015年08月21日

製造・建設現場を変革するウェアラブル活用方法をご紹介「IoT / M2M事例&ビジネス活用セミナー」

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2015年7月29日(水曜日)、KCCS東京支社で「IoT / M2M事例&ビジネス活用セミナー ~製造・建設現場を変革するウェアラブル活用方法とは~」を開催しました。

昨今、製造業や建設業などの多くの「現場」で、ウェアラブル端末やIoTの活用により、現場が抱える問題点を解決し、新たな付加価値を創造することが求められています。

本セミナーでは、KCCSの取り組みとして、スマートグラスや監視カメラなどを活用したIoT / M2Mトータルソリューションをご紹介しました。また、エプソン販売様をお招きし、作業支援型業務用ヘッドセットMOVERIO Pro (モベリオ プロ)をご紹介いただき、実際の現場での利用シーンやデモンストレーションをご覧いただきました。

<プログラム1>
IoT / M2MビジネスにおけるKCCSの取り組みのご紹介

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ネットワーク営業統括部
ネットワークソリューション営業課 課長
市川 稔

国内IoT市場規模は、2019年度には約16.5兆円になると予測されており、今後ますます普及が進むと考えられます。KCCSでは、IoT導入を検討される企業様向けに、導入から運用までワンストップでサポートするIoT / M2Mトータルソリューションを提供しており、スマートグラス、監視カメラ、温度センサやGPS機能などを用いた例をご紹介しました。

<プログラム2>
お客様の作業現場を革新するスマートヘッドセットBT-2000

エプソン販売株式会社
VP MD部
丸山 明香 氏

6月に発表された作業支援型業務用ヘッドセットMOVERIO Pro (モベリオ プロ)BT-2000をご紹介いただきました。BT-2000は、高精細なディスプレイやステレオカメラ、高精度センサー IMU(慣性計測ユニット)などを搭載しており、視認性がよく、ハンズフリーで作業でき、その行動ログを把握することができます。遠隔支援、作業ガイド、ナビゲーションといったシーンで活用することで、効率や生産性を高め、さまざまな現場の課題を解決することができると説明していただきました。

<プログラム3>
製造・建設現場におけるウェアラブル活用例のご紹介

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ネットワークソリューション部 部長
高田 直幸

BT-2000を活用した「スマートグラス遠隔支援システム」をご紹介しました。まず、KCCSのエンジニアリング部門において、メガソーラーの定期点検に利用している様子を動画でご覧いただき、その後、現場作業者へテキストメッセージや描画した画像で指示を送る機能や、作業風景を録画する機能などを実際のデモ画面を用いて解説しました。

情報交換会

プログラム終了後の情報交換会では、BT-2000を活用した遠隔監視のデモを展示しました。参加者の皆様にスマートグラスを使ったシステムご体感いただき、参加者同士の活発な意見交換が行われました。

KCCSは、今後もさまざまなセミナーを開催していく予定です。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ