トピックス

イベントレポート

2015年12月01日

【とくしまICTバザール Vol.1 レポート】~ICT×地方創生~ 地方自治体向け防災ソリューションをご紹介

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2015年11月7日(土曜日)~8日(日曜日)にかけて、とくぎんトモニプラザ(徳島市)で開催された最新ICT技術の祭典「とくしまICTバザール Vol.1」(主催:徳島県 地方創生局地域振興課)に出展しました。


本イベントは、地方創生につながる取り組みとして、地場ICT産業の発展や地元拠点のICT人材の育成・交流などを目的に徳島県が開催しました。昨今話題となっているIoTやテレワーク、ドローンなどの分野を中心に、34の参加企業・団体によるブース出展や技術セミナーのほか、子ども向けの体験コーナーなど、幅広い年代の方が最新技術に触れることができる催し物が行われました。

■防災関連のコーナーで地方自治体向けソリューションをご紹介


昨今、地域における安心・安全の確保には防災力向上が不可欠となっています。

KCCSは、防災関連のコーナーにおいて、「観光・防災Wi-Fiステーション」、「IP告知システム」、「ワイヤレスリンク23G」など、情報・通信・電力トータルで地域の防災力向上に貢献する自治体向けソリューションを展示しました。

ブースでは、パネルや動画をご覧いただきながら、"イザ"というときも、"普段使い"としても利用できる各製品・サービスの機能を説明しました。

また、観光情報の配信や災害時の通信手段を確保する公衆無線LANシステム「観光・防災Wi-Fiステーション」や、自治体から地域住民へ行政・防災情報などを配信する「IP告知システム」の実機を展示し、多くの来場者の注目を集めました。


ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

KCCSは、今後もICTとエンジニアリングのノウハウを活かし、地域の活性化に貢献して参ります。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ