トピックス

セミナーレポート

2016年07月25日

KANADE DSPをご紹介『売上アップへの最短ルート!今、本当に取り組むべき、ECサイトプロモーション』に登壇

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2016年6月22日(水曜日)に株式会社インターファクトリー・株式会社フィードフォースが主催するセミナー「売上アップへの最短ルート!今、本当に取り組むべき、ECサイトプロモーション」に登壇しました。

昨今、従来のリスティング広告・SEO施策の飽和やスマートデバイスの普及により、ECサイトのプロモーション環境は著しく変化しています。本セミナーではECサイト運営者の方を対象に、第一部では株式会社インターファクトリーがECサイトプロモーションの最新トレンド事例を、第二部ではKCCSが「KANADE DSP」を用いたサイト売上最大化に貢献する方法を、第三部は株式会社フィードフォースが売上アップにつながるデータフィードの活用術をご紹介しました。

<第一部>

事例からご紹介させていただく、最新のECサイトプロモーションのトレンドについて

株式会社インターファクトリー
ビジネスディベロップメント部 副部長
曳地 健一氏

第一部では、ECサイトプロモーションのトレンドについて最新事例を用いて解説しました。まず近年、企業が新聞・雑誌・テレビなどのマスメディアにかける広告費は大幅に減少している一方、インターネット広告分野にかける広告費は増大し、今後さらなる成長が見込まれていることをご説明しました。
続いて、ECマーケティングの変化により、従来の手法では新規顧客の獲得が困難になる中、企業は来訪顧客のCVR(コンバージョン率)と既存顧客のLTV(顧客生涯価値)をより重視する傾向にあることを解説しました。また、これらの指標を向上させるための施策を実施するためにはECシステムとの連携が必須であり、その改修コストやスピード感が遅くなることで時流に合わせたプロモーションを継続することが困難になると解説しました。
最後に、ECシステムの改修に伴うコスト面などの課題に対し、EC導入・構築を中心としたクラウド型プラットフォーム「ebisumart(えびすマート)」や、本サービスを用いたパートナー制度「ebisumart ecosystem(えびすマート エコシステム)」の有用性について事例を用いて説明しました。

<第二部>

レコメンドロジックの特長を活かしてサイト売上の最大化に貢献!~なぜKANADE DSPはクロスセルを実現できるのか~

京セラコミュニケーションシステム株式会社
デジタルマーケティング営業課
アドセールスグループ グループ長
澤見 洋平

昨今、レコメンド広告を導入した広告主様からは、「採用するDSPの特長をしっかり活かして広告を配信したい」、「極力少ないDSPを用いてサイト売上を最大化させたい」という課題が多く寄せられます。
第二部ではまず、これらの課題の解決に必要な要素は、「他のDSPとの明確な差別化・併用価値」、「配信量を増やしても効果を落とさない在庫量」、「マーケティング戦略に合わせた柔軟な運用力」であると解説しました。またサイト売上最大化に貢献する手段として、KCCSが提供する「KANADE DSP」のレコメンドロジックの強みや、国内最大級の配信在庫を保有する点、お客様のマーケティング戦略に合わせた運用が可能な点について説明しました。
「KANADE DSP」のレコメンドロジックでは、複雑ネットワーク理論により顕在ニーズだけでなく潜在ニーズにも合わせたレコメンドを行うことができることを、クロスセルの仕組みについて触れながら解説しました。また、フィードフォースのデータフィードと連携することにより導入もスムーズであること、また、導入後の運用について事例を交えながら解説しました。

<第三部>

売上アップにつながるデータフィード活用術!~ Googleショッピング広告の運用事例をもとに ~

株式会社フィードフォース
DF PLUS 事業責任者
川田 智明 氏


第三部では、ダイナミック広告成功のカギを握るデータフィードを活用し、売上につなげるためのポイントをご紹介しました。
まず、Googleショッピング広告の導入事例をもとに、データフィード広告の運用開始時の準備から改善まで各フェーズでの課題や最適化ポイントを解説しました。また、その中でデバイス別CPC(クリック単価)やCVR(コンバージョン率)などの効果を数値で示し、ROI(費用対効果)をさらに向上させるデータフィード改善のポイントをご紹介しました。次に、検索型広告の結果をリターゲティング広告の運用戦略に反映させるなど複数媒体の組み合わせで効果を出すポートフォリオの考え方についてご説明しました。
最後に、ダイナミック広告の運用で重要となるデータフィードの改善環境を統合管理し、広告効果向上に貢献する「DF PLUS」の特長などについて解説し、KANADE DSPなどのダイナミック広告と組み合わせることでより効果的な運用ができるとし、講演を締めくくりました。

講演後には多くのお客様から積極的にご質問いただきました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

随時開催!!イベント・セミナー情報へ